競馬と文学とアートで学費を稼ぐ

つもりでいるんですけどね

「競馬全頭診断」Glllきさらぎ賞 枠確定後分析・予想

スポンサーリンク

 

 

 

最初11頭登録されていたのにいつの間にか8頭になっていて落ち込ませてきた

きさらぎ賞の分析をしていこうと思います。

 

東京新聞杯と10分しか出走時間が違わないのには憎しみしか湧きません。

愚痴ばっかり言ってたら当たるものも当たらなくなりそうなので早速僕の見解を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きさらぎ賞出走馬全頭分析

 

 

『出馬表』

1枠1番 タガノディアマンテ 岩田 56.0

2枠2番 エングレーバー 藤岡佑 56.0

3枠3番 ヴァンドギャルド M.デム 56.0

4枠4番 ダノンチェイサー 川田 56.0

5枠5番 コパノマーティン 和田 56.0

6枠6番 ランスオブプラーナ 松山 56.0

7枠7番 アガラス 戸崎 56.0

8枠8番 メイショウテンゲン 池添 56.0

 

以上の8頭出馬予定です。それでは1頭ずつ個人的見解を。

 

 

 

 

 

タガノディアマンテ

新馬戦で京都1800mを走って4着に終わっているのですが、つづく未勝利戦では余裕の勝利を挙げています。エリカ賞でも頭数は少ないとはいえ実力馬プラヴァスとクビ差の3着なので力が足りていないとは言い切れないのかなと思います。オルフェーブル産駒は個人的に応援したいし、彼の息子ならば大器晩成型の可能性も十分にあると思うのできになる1頭です。今年度岩田Jは調子いいのでそこも期待です。

 

 

 

エングレーバー

これまたオルフェーブル産駒なので注目したい1頭です。新馬戦からの連勝が続いているのでここも期待したいです。まだ底が見えない器の大きさが伺えます。オルフェーブル産駒感満載ですね。ただ能力は高いのは間違い無いのですが、ここで余裕で勝ちきれるかといえば断言する立場は取れないです。結果次第でしょうか。

 

 

 

 

ヴァンドギャルド

ホープフル6着で賞金型足りないためにここは取りたいところでしょう。ミルコさんを要してきているところにも本気度が伺えます。現状1番人気なのですが、過剰すぎるのでは無いかというオッズです。(執筆時1.9倍)3枠でミルコさんといえどアガラスに破れているのですが…

 

 

 

ダノンチェイサー

血統的に大注目馬らしいですが、僕はそこまで期待してません。人気吸ってくれれば個人的には嬉しいです。レースを見ても人気ほどの魅力は感じません。ただ安定はしているのでバッサリ切るのは危険では無いでしょうか。

 

 

 

コパノマーティン

2歳なのに10戦目。唯一切れてます。

 

 

 

ランスオブプラーナ

距離の問題ですね。成績的にはダノンチェイサーと似た安定感を持っているので絡んでくれれば万々歳と言ったとこでしょうか。つまりは距離です。

 

 

 

アガラス

普通に東スポだけで判断すればヴァンドギャルドより強い気がします。ただ関西の戸崎さんな上、それ以降のレースが無いので安易に判断していいものか、と言ったところでしょうか。実力は最上位だと言う意見も十分納得の1頭です。

 

 

 

 

メイショウテンゲン

前走で初勝利を挙げた馬ですね。変な方向に走って言って勝つと言う非常に面白い初勝利レースだったのですが、今回はそんなにうまくいかないのでは無いかと思います。調教でも首浮いちゃってますし、まだ幼いのかなと。変な方向行っても勝っちゃうと言うのは能力は高い証拠だと思うので、もう少し後で狙いたいですね。ただ今回もバッサリきれるかと言われると…笑

 

 

 

 

 

 

まとめ

コパノマーティン以外拮抗していると思っているので全然絞れません。(こういうときに限ってコパノマーティンがくるのが競馬…)正直ワイドや複勝ではオッズが美味しく無いので、買い方としては3連単馬単あたりかなと個人的には考えてます。3連複もリスクとリターンが見合わない気がします。

 

現状ヴァンドギャルドが人気しすぎている気もしないのですが、僕がオルフェ産駒に気持ちがより過ぎているだけかもしれないのでじっくりと冷静になって馬券を組み立てていこうと思います。

 

そろそろ買いたいものが溜まってきたので、まずは先月の負けを取り返したいところです。僕の負け具合を見たい方はツイッターのフォローお願いします。

http://twitter.com/akkkaaa19970408

 

今週も競馬楽しんでいきましょう。勝った人も負けた人も土曜のことは忘れましょうね!(僕は安安コースくらい勝ちました。)