Kohpii Entertainment

このブログ自体がエンターテイメントになるように書いています。読んでいて楽しめるようなブログにします。分野も幅広く取り扱い、誰でも興味ある記事が少なくとも1つはあるようなブログにしようと思います

死ぬこと以外かすり傷らしいからもっと頑張ろう。そう簡単に死なないしね。

スポンサーリンク

 

 

 

おはようございます。こーぴぃです。

今回は書評になります。紹介する本はこちら!!

 

なんかもうええわーってくらい流行ってます。箕輪さんの露出度半端ないですよね、最近。めちゃめちゃ熱い人というのがひしひしと伝わってきます。

でもこの人誰なん??っていう人結構いるのではないでしょうか。

僕の知り合いで落合陽一知ってる率50%(東京民はだいたい知ってる)なので地方に行けばマジで誰こいつ感が高まるのではないかなぁとおもってます。

 

なのでまだまだ広まらせようとすれば、その余地は十分にあると考えられます。

僕の知り合いに届くようにこの記事書くぜ!!

 

 

 

 

 

 

箕輪厚介って誰??

まず箕輪さんについて紹介しましょう。

箕輪厚介。1985年8〜

 

みたいなプロフィールはウィキペディアを読んでください。

僕なりの人物紹介をしたいと思います。

 

簡単に言うと、

ものすごく熱くて情があって頭がキレる変人

ですかね。(褒めてます。と言うか尊敬してます、普通に)

 

僕の中ではこう言う系の著名人の中で1番庶民的なのではないかと思ってます。

堀江さん、落合さんは庶民のsも言わせないですし、ひろゆきさんは毒すぎます。

西野さんはまぁね、アーティストです。

と言うと普通に会社員(編集者)なので一般人に一番近い存在でしょう。

プロフィールは↓から

箕輪厚介 - Wikipedia

 

 感想

面白いです。タイトルだけ見ると表紙のお兄さん(箕輪さん)が死にかけた話かな??なんて思ってしまいますけれど、全然違います。ひたすら頑張れ。死以外はどうってことない。という意味のタイトルだと僕は思います。

ご本人も言ってましたが、堀江さんの多動力とかと同じような内容です。アプローチの仕方が違うだけで伝えたいことの根底は同じだと僕も思いました。

やれよ!!

このメッセージに尽きます。

周りなんて気にすんなよ。やりたいようにやりなよ、ものすごい熱量で。

どの章からもこのメッセージが伝わってきます。

こういう系の自己啓発に近いような本は何だかイケそうな気にさせてくれるので定期的に読むようにしているのですが、今回も見事にイケそうな気に慣れました。

なんかイケそうな気分になりたい時、また自分はダメなんじゃないかと落ち込んでいる時にはぜひこの本を手にとってみてください。意識高い系?いいよ多分。

 

 

まとめ

箕輪さんの露出度は最近すごいですね。いろいろなところで見かけます。

ものすごいスピードで日々過ごしているんだなという印象です。

熱狂しているものにはとことんコミットする。そして成果を出して自分のブランド力をあげる。これがこれからの時代には必要なことなのだと思います。

 

量!量!量!

とう言う章があるように、量をこなしたもんがちなところありますから、ひたすら量をこなします。質なんて後付けでしょう。最初に考えるものではないです。考えていたら何も始まりません。

 

ちなみに動画でも紹介していますのでよかったらこちらもご覧ください。


「書評×食べる」マック食べながら「死ぬこと以外かすり傷」について喋ろ〜

 

まだまだちっぽけな僕ですが3年後くらいにはまぁまぁの人間になっている予定なのでよろしくお願いします。

 

死ぬ以外はかすり傷の精神で日々過ごして行きましょう!