Kohpii Entertainment

このブログ自体がエンターテイメントになるように書いています。読んでいて楽しめるようなブログにします。分野も幅広く取り扱い、誰でも興味ある記事が少なくとも1つはあるようなブログにしようと思います

MacBook Pro 2018 値段は半端ないけどそれに見合うパフォーマンスを発揮してくれます。

スポンサーリンク

 

 

おはようございます。こーぴぃです。

 

MacBook pro 2018が出て早数ヶ月。

もはやiPhoneXsまでも発売されました。

 

そんな中何ヶ月か実際に使って見て大体特徴がわかってきたので

一旦まとめてみようと思います!

 

僕が使っているMacBook pro

 

僕の使用用途は主に動画編集です。

 

本業は大学生なのでそこまで凝りまくった動画編集ではありませんが、

MacBook Airだと不十分なのでproを使っています。

 

僕の使っているMacはこれです。


『超高額』新MacBook Pro 15インチ買っちゃいました。

 

MacBook Pro2018 15インチ 256GB 

カスタマイズ無し。

 

です。

 

512GBになぜしなかったんだろう??と半分思いますが、

確かもう少し稼げるようになったらさらにスペックがいいカスタマイズモデルを

来年以降版のやつが出たとき買おうと思ったか、

iMacの2018年バージョンが出たらメインPCとして買おうと思ったかのどちらかです。

(長い)

 

まぁ、外付けHDDがあるので今のところ要領で困ってません。

 

あと大学でiMac使えるのでなんとかなってます。

(自分の動画編集しているの見られる恥ずかしさだけ耐えれば)

 

 

 それでは早速分析していきましょう。

 

 

 

MacBook pro 2018 のいいところ

 

いいところ①   ヴィジュアルが素敵

 

とりあえず見た目がめちゃくちゃかっこいいです。

動画で確認して欲しいのですが、

スペースグレイの高級感と言っちゃやばすぎます。

 

ディスプレイもAirに比べるとかなり綺麗です。

比べるのが申し訳ないくらいですね。

 

 

いいところ②  何もかも高速

 

とりあえず速いです。

 

動画の書き出しとか15分以内の動画なら

1分かかってないんじゃないかな。

 

ネットサーフィンとか文章作成くらいなら

MacBook Pro 2018は絶対いらないです。

 

宝の持ち腐れになります。

 

浮いたお金で他のもの買いましょう。

 

いいところ③ 最新鋭の機能

 

Hey Siriって言えばSiri発動しますし、

指紋でロック解けるし

タッチバーでマジで多彩な操作できるし。

 

タッチバーいらないとかいう声が結構ありますが、

あったほうがいいです。

 

ヴィジュアル的に。

金銭面でいらないという意味だと思いますね。

 

Touch Barが邪魔になるということはないので

お金が許すなら便利なTouch Bar付きを買いましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

値段が高すぎるため

購入するのに非常に勇気がいります。

 

僕自身の感想として、

動画編集しないんだったら絶対にいらないです。

 

なんかAppleの公式サイトとか

Macガチ勢のサイト見るとよくわからない

機能やスペックの説明がされています。

 

あんなの普通に使っていたらわかりません。

素人目には同じです。

 

普通使いならお金の無駄ですね、はい。

 

逆に動画編集する人はMacBook Pro 2018買っておけば間違い無いと思います。

 

マジストレスフリーで作業できるので非常にオススメですね。

Airだと一発で止まりましたが、サクサクもいいところです。

僕の使い方に問題あったのかなって暗い。

 

 

 

 

あとやっぱり容量は大きほうがいい気がします。

32万くらいになりますけど512GBの方がいいです。

 

256だと割とすぐ埋まりますね。

 

やっちゃったなー。

早く稼いで新iMac出たら即買いorもう1台持ち運び用に13インチ買おーっと。

(両方買いたいのでor)

 

13インチはあえてTouch Barなしの旧モデルにしよっかな笑

 

1番の理想は旧モデルと新モデルとiMac

僕にお金持たしちゃダメやな。