Kohpii Entertainment

このブログ自体がエンターテイメントになるように書いています。読んでいて楽しめるようなブログにします。分野も幅広く取り扱い、誰でも興味ある記事が少なくとも1つはあるようなブログにしようと思います

検察側の罪人が面白すぎたのでレビューします!

スポンサーリンク

 

 

 

おはようございまーす。こーぴぃです。

 

 

映画。やっぱりいいですね。

 

僕はほぼ邦画派なのですが、

友達は洋画派多いと言うどーでもいい情報から今日は始めます。

洋画はDVD派ですわー。迫力ありすぎて体に悪い。

花火苦手系人間ですからねぇ。

クラブとかゲーセンに長時間いると気持ち悪くなる人間。

 

落ち着いたカフェがいいんです。

 

さて本題へ行きましょ。

 

僕、嵐大好きなんです。

 

www.kohpii-entertainment.com

 

記事にしちゃうほど嵐ファンです。

どれくらい好きかと言うと、

カラオケでほぼ全曲持ち歌かのように歌えるほどに好きです。

 

そんな嵐のメンバー、

ニノが主演の映画となれば見るしかないだろうと言うことで、

映画館にヒアウィーゴー。

 

 

※写真撮るのを忘れたので文字だけでお送りします

 

今回見た映画は

 

検察側の罪人

 

原作はこちら

 

木村拓哉二宮和也W主演の超豪華映画です。

 

見にいく前に目にした記事で、

キムタクが悪役すぎてジャニーズの思惑が…

 

みたいなのを読んだのですが嵐ファンからすれば

キムタク主演withニノ!

 

って感じでした。

もうキムタクのためにある映画といっても過言ではないです。

 

 ニノがいい具合にキムタクを引き立てていた印象です。

 

内容としてはある事件を元にキムタクとニノ正義が対立し、

物語が進行していきます。

 

悪のキムタクvs善のニノ

 

こんな構図です。ネタバレになるのであまり深く言えません。

 

それにしてもニノの演技はさすがですね。

クリントに才能を評価された実力は伊達じゃないです。

 

キムタクは相変わらずのかっこよさ。

今回は木村拓哉ではなかったです。しっかり役にハマってました。

 

にしてもハマりすぎってくらいイカしていました。

 

 

 

1つだけ気になったのが、終わり方です。

 

何エンドでもない感じなんです。

何も解決していないし、途中感がハンパない終わり方でした。

 

完全に続編あると思っているのですが、、、

 

これは今後の動向に期待です。

 

原作も読みたいと思ったいい映画でした!!