Kohpii Entertainment

このブログ自体がエンターテイメントになるように書いています。読んでいて楽しめるようなブログにします。分野も幅広く取り扱い、誰でも興味ある記事が少なくとも1つはあるようなブログにしようと思います

日本三大和牛って??一体どれ??

スポンサーリンク

 

 

おはようございます。こーぴぃです。

 

今回はですねぇ、日本といえばのあの食材の記事です。

 

タイトルにもありますが

 

 

 

 

 

和牛です!!

f:id:kohpii:20180820005717j:plain

 

 

高級感漂う日本の食材の和牛ですが、よく

日本三大和牛

という単語を聞きませんか??

 

三重県出身者かつ焼肉大好きな僕にとっては超身近なワードなんですが…

 

 

そしてなぜか最近グルメ通を目指し出した僕はある疑問をもちました。

 

3大の3大ってどれだ・・・??”

 

松阪牛を食べまくって来た僕としては1つは確定してますが、

あと2つが分かりません。

 

神戸牛に飛騨牛近江牛etc…

 

この時点で4つやないかいと。他にも有名なのあるやないかいと。

 

そこで3大和牛とは一体なんなのか調べてみました!

 

 

グルメポイントが3上がりましたわ〜。

 

それでは早速行きましょう!!

 

 

 

 

 

日本三大和牛とは??

 

結論から先に言いますと、

 

定義はない!(明確に決まっていない)

 

そうです。

 

なんじゃそりゃって感じですよね。

 

デジタル大辞泉によると

 

日本の代表的な銘柄牛あるいは銘柄牛肉のこと。松阪牛神戸ビーフ近江牛または米沢牛の3つをいうことが多い。日本三大牛

 

 

コトバンクが‘いうことが多い。’ですよ。

 

多いだけで明確に決まっていないんです。

 

飛騨牛はどこだ!!

宮崎牛に決まっているだろう。

 

みたいな人もいらっしゃるでしょう。

多分それでいいんです。

 

日本三大和牛の三大はあなたの心の中にある3種が正解です。

 

 

名言迷言出ましたね。

 

 

なぜそうなったの?

 

なぜこんなにめんどくさいことになっているのか。

 

僕の考えと調べたことを併用しながら述べて行きたいと思います。

 

①誰が言い出したか分からない

 

結構有名な言葉なのに言い出した人は不明のようです。

 

有名な単語には名付け親が基本的にはいます。

そこで意味と定義が説明されるわけです。

 

しかし誰がどこで言い出したか分からなければ、言葉だけが一人歩きします。

 

それでいろいろな解釈がされていったというわけですね。

 

ブランド牛銘柄が増えた

 

単純に技術が進歩して美味しい牛が増えたことも原因です。

 

この単語が生まれた時にはレベルの高い牛の種類は多くなかった。

しかし最近、単語が生まれた当時の定義牛に匹敵する味の牛がたくさん出て来た。

 

こうして3大と括りにくいため、曖昧にしているということが考えられます。

 

資本主義らしい。

 

 

4大ということもある

 

これは半分ネタですが…笑笑

 

四大和牛と呼ぶこともあるそうなので、とりあえず三大の時はまたは〜

のようなめんどくさい言い方にして

県民の機嫌を損なわないようにしているというわけですな。

 

もう日本三大和牛とか言わんくてよくね??笑笑

 

 

まとめ

 

「とりあえず有名な牛いろいろ食べて自分で決めろ。」

 

これが現代では正しいかもしれませんね。

 

言葉は時代とともに常に変化しますから。

仮に定義がしっかりしていたとしても過去のなんて

なんの意味もなさないものが多いです。

 

 

また名言迷言ですね。

 

お肉の勉強もするか。

松阪牛しかわからんし。部位とかよくわからんし。

まずはいろいろな種類をいろいろな場所で食べることやな。

 

そんで舌をレベルアップさせるぜ(※下ネタではありません)

 

それと並行して本や雑誌読み、

このブログでアウトプットすれば僕も肉博士やろ。(なめすぎ)

 

 

 

 

美味しい肉食べる時ほど幸せなことないよねー。がちで。

 

 

 

 

 

 

f:id:kohpii:20180820014816j:plain

最後に1週間前に食べた松阪牛の写真とともにお別れです。

 

さようなら〜。