Kohpii Entertainment

このブログ自体がエンターテイメントになるように書いています。読んでいて楽しめるようなブログにします。分野も幅広く取り扱い、誰でも興味ある記事が少なくとも1つはあるようなブログにしようと思います

社長の出身大学ランキングの記事。国公立すくなくね!?

スポンサーリンク

おはようございます。こーぴぃです。

 

今日も暑いですね。

体調管理徹底して何とか乗り切りましょう。

 

さて今回ですけども面白い記事をみつけました。

 

その記事がこちら

news.mynavi.jp

 

マイナビさんの全国の社長の出身大学を調査してまとめたというものです。

 

そこで僕なりに思うことがいくつかあったのでそれを今回は記事にして見たいと思います。

それではいきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

データについて

今回僕は大学別の社長数よりも単純にランクインしている大学の種類について見ていこうと思います。

 

これすごい結果だと思いませんか??

(1位がタックル大学とかいうことではないです。)

 

トップ19まで全部私立です。

(福岡大は県名ついてるから国立と見せかけての私立パターンです。

レペゼン地球のDJ社長の影響で福岡は起業家が多いんでしょうか??笑笑)

 

 

初めての国公立は20位の東京大学です。

 

さらにすごいことにトップ30までで出てくる国公立は京都大学のみ、

つまりトップ30で2つしか国立大がランクインしていないことになります。

 

学生の数が違うやんけという意見ごもっともです。

 

しかしこんなに結果になるほど学生数に違いあるんでしょうか。

 

公開されているデータを見て見ましょう。

 

ランキング1位

日本大学 学生総数 73266人

 

ランキング2位

慶應義塾大学 学生総数 33625人

 

ランキング3位

早稲田大学 学生総数 52078人

 

ランキング20位 (国公立1位)

東京大学 学生総数 27955人

 

ランキング29位(国公立2位)

京都大学 学生総数 22785人            

 (全て2015年5月1日付公開データです)

 

差はもちろんありますけど、社長数の差ほどは無いですよね。

最も離れている日本大学京都大学でさえも約3.22倍ですから。

(社長数は10倍以上です。)

 

上場企業など年商が高くなると国公立がランクインする数も増えて来ています。

国公立に優秀な人がいないわけではないということもわかります。

 

考察

 

さて次になぜこのような結果になるのか僕なりの意見がありますので、いくつか紹介していこうと思います。

 

国立は就職がいいと言う理由で選んでいる人が多い

 

「国立入ったら就職楽やぞ」

 

よく聞く大人の言葉じゃありませんか?

 

これ確かにその通りだと思います。

 

だって基本的に地方なら国公立がNo.1-2ですから就職に弱いはずがありません。

採用側は基準は様々でもNo1-2って称号を持ってる中から取りたいに決まってますよね??(比較的能力高い人が多いのも事実でしょう)      

 

良い悪いは抜きに事実意見として正しいので子供達も特に疑いは持ちません。

 

‘そして就職脳になり国立を選ぶ。そう言った人が多く来ている‘

 

と言う推測ができます。

 

優等生が多い

 

これは僕的な言葉の意味付けも入っております。

 

僕の中で

 

優等生=先生や親の言うことをよく聞く

 

と言う定義も含まれていますなっています。

 

そう言う人たちは周りに合わせようとします。

だって輪を乱すことは一般的に言う優等生が1番しないことでしょう。

 

①と結びつきますが、

 

周りに合わせる→基本的にみんな就職目指す(大学選ぶ理由より)→起業しない

 

こう言うシグナルがあるとも思えます。

 

優等生ということで

 

捨てる科目とか作らず満遍なく勉強する→国立受験→入学→以下同様

 

というところからすでに始まっている可能性もありますね。

 

自由度が低い

 

これも大きいと思います。

僕国立行ったことないのでわかりませんが、確実に私立より拘束されると思います。

出席とか必修とか多そう。

(税金で学費まかなわれてるからね)

 

私立って本当に自由なんですよ。

(単位落とすのも自由なので僕ちんはピンチですが)

 

自由ならばやりたいと思えばあとは行動に移すだけです。

 

しかし自由度が低いと行動に移すだけとは言えないです。

障害が多いと言うことですから。

 

これによって何か新しいことをしようと思っても始めることそのものが大変であるので辞めてしまう、もしくは始めても挫折するのではないかなと推測しています。

 

まとめ

今回は国立が少ない理由を中心に述べましたが、私立側からのアプローチもまだまだあります。

 

当然国立側もまだまだあるでしょう。

 

また官僚や弁護士、医師などのエリート職割合を比較していないのでガバガバな考察であることは否めません。

 

しかしながらこれほど極端なデータというのを考えてみるのは価値があると思います。

  

 

 

 

 こういう本がある理由がなんとなくわかりますね。

 

優等生と思われる人ほど実は視野が狭い能無し言いなり野郎かもしれない。

(全員ではないです)

 

 

 

いやしかし学校いらないとか、大学無駄とかいう人は東大卒のエリートビジネスマンに多い気が…

 

偏見ですけどね。

 

慶應卒で大学いらねぇと言っている人見たことない気もする。笑笑

 

このデータが1つの要因ではないかと思わされますね。

 

皆さんはどんな想いを持たれたでしょうか??

ぜひデータ見て考えてみてください!

 

じゃ今回はこの辺で。

ばいばーい!!