Kohpii Entertainment

このブログ自体がエンターテイメントになるように書いています。読んでいて楽しめるようなブログにします。分野も幅広く取り扱い、誰でも興味ある記事が少なくとも1つはあるようなブログにしようと思います

日本はもう値下げ競争やめるべき。

スポンサーリンク

おはようございます。こーぴぃです。

さて今回はちょっと真面目に行きたいと思います。

いきなりですがみなさん、マクドナルド行きますか??

よく利用するという人が多いのではないでしょうか??

僕は大学生になってからよく利用するようになりました。

ちょっと時間出来てしまった時とかちょうどいいんですよね。

パソコン広げて何かしている大人もよく見かけます。

 

何故急にマクドナルドを持ち出したのか。

それは今日のテーマにぴったりのお店だからです。

 

日本は経済大国ですよね。これについては異論はないと思います。

ですがこれは“ここ数十年は“という限定条件付きでしょう。

そしてこれから先はもう経済大国とは言えなくなってしまうと考えています。

減少する人口、広がる格差、進む高齢化、周りの国の成長etc...

あくまでこれは”今のままでは“というだけで、まだまだやれることはたくさんあります。

 

今回はそんな現代を生きる大学生の未来の日本のためへの意見ですので、

色々考える資料になれば嬉しいです。

それでは導入はこの辺で。本題へいきましょう。

 

 経済の超基本

 デフレの悪循環

 提案・まとめ

 

経済の超基本

不景気とか好景気とか言いますけど、国民の半分ぐらい定義知りませんよね。

100%正しいとは言いませんが基本的には

 

好景気 → インフレ

不景気 → デフレ

 

が伴うものであると言えます。

 

インフレの具体例はバブル経済でしょうか。

バブル経済とは泡のような謎のインフレが起こった状態です。

まとめると見かけ倒しの好景気ですね。

(景気がいいからと言って謎な金の使い方してたので今大変なんですけど…)

 

デフレといえば民主党政権時代の経済状態でしょう。

あの時は無償!無償!無償!(どこにそんなお金が…)でしたよね。

なんであんな守れる可能性2%のマニフェストを信じてしまったのか。

(三太郎の日の行列を見ればなんとなくわかりますね笑笑)

ママに小遣い貰ってたイメージかないですもう。

おまけに震災も起こるし…

(政権変わると大地震起こるんで気をつけましょう)

 

あの時はもうなんかどんよりしてましたよね。国全体が。

不景気って言葉がぴったりでした。

 

いやーしかし振り返ってみると国民にバカが多いのがよくわかります。

 

(どの時代、状況でも上手い人、強い人はいます。そちら側になれるように自分を磨かないといけません。)

 

ざっとですが超基本はおわかりいただけたと思います。

 

円高とか円安忘れていますよーって思ったそこのあなた。最高です。話し合いそうです。今回はそこはややこしくなるので省略で行きます。ご了承ください。) 

デフレの悪循環

前章でもなんとなくわかりますが、「日本人無料大好き説」がありますよね。

(かく言う僕も企業の無料キャンペーントラップに危うく、いや何回も引っかかっていますが。)

 

この説が実証されて欲しくないですが、民主党政権時代は説実証の確固たる証拠ですので正しい説でしょう。

(三太郎の日でも実証できます。ちなみに僕はdocomoユーザーなのでハピチャン)

 

この日本人の性質のせいで企業はがんがん値下げ競争をしています。

 (最近は若干落ち着いてきている気もしますけど)

 

何故値下げはいけないのか?

不景気になるからといえば楽なのですがそれでは言葉足らずなので解説します。

 

冒頭でマクドナルドに触れたので、説明にハンバーガーを使いますね。

 

ハンバーガーを100円とします。1日に100個売れると仮定すると売上は

 

100円×100個=10,000円

 

ですね。

 

そこで売り上げを伸ばそうと1個90円にしたら110個売れました。

よし!多く売れたぜ!と思いますが、売上金額は

 

90円×110個=9,900円

 

あれ??多く売ったのに売上減ってる…って言うことになるんです。

(あえてかなりデフォルメしております。ご了承ください。)

 

売上が減っているので経費削減のため給料が下がります。(クビになる人も)

給料が下がればものを買いにくくなります。

するとまた企業は販売個数を維持しようと値段を下げます。

するとまた、売上は下がる。故に

 

デフレ(値下げ)→不景気

 

ということが言えるのです。

完全に悪循環ですよね。

 

 提案・まとめ

人口減少、高齢化など様々な課題を抱える日本。

ここらで日本は方針を一転すべきです。

ジャパンブランドを以って物価高い国に変わるべきです。

(ミスターインフレは安倍総理じゃなくて僕です。)

 

物価を上げると格差が広がるのでダメだという意見がありますが、そんなの糞食らえです。

資本主義なのですから勝ち組負け組に分かれて当然でしょう。

努力しない人間が悪いというスタンスを僕は取ります。生物として当然です。

平等!平等!というのは理想論です。あっち行ってください。

竹内涼真と僕が平等でないのは当然でしょ??だから大学行ってるんですよ!)

 

ダメなやつはダメだから切り捨てる非人道的にも思えることが今の日本には必要です。

(政治はジジイとババアが投票権を持った人気投票によって選ばれた人間が行っているので残念ながら国家に方針を転換させるには無理があります)

 

そこで企業が合同で物価アップに努めることを願います。

 

何でもかんでも安売りするのではなく、ある程度の価格を維持し内容で勝負するような市場に変わっていけばいいなと思います。

 

そうすれば努力する人間も増えるだろうし、何より国民力のボトムアップが期待できるので、人口が多少減っても大丈夫なはずです。

 

そして人口が減っていくので市場が小さくなるに決まってるんですから、規模拡大を目指すのはナンセンスです。

 

さらに価格高くてもブランド力があれば買う人間は絶対います。

 

それに今後はAIが高性能になってくるので余計に単純作業しかできない能無しは不要になります。

 

大量生産、大量消費、低価格

               ↓

個別生産、オリジナリティ製品、ブランド力、価格は二の次

 

という世の中に変わるべきです。

 

何回も言います。ダメなやつはダメでいいんです。

 

プロ野球選手とニートが平等じゃプロ野球選手に失礼でしょ。

 

最後にマクドナルドさん。

ハンバーガー150円でいいから、クルーの給料上げてあげて下さい。

ビックマック1000円を提案します!割とガチで。

大変そうですみんな。美人クルー見ると胸が…

 

値上げに文句を言いまくり受け入れられない奴はほっときましょう。

(僕だって…僕だって…)

 

安い大好き♡

から

高いけどクオリティも高いからいっか♡

 

に変わることを願って今回は終わります。

 

じゃあね〜!!