Kohpii Entertainment

このブログ自体がエンターテイメントになるように書いています。読んでいて楽しめるようなブログにします。分野も幅広く取り扱い、誰でも興味ある記事が少なくとも1つはあるようなブログにしようと思います

英語習得物語 第1話

スポンサーリンク

おはようございます!こーぴぃです。

今日から始まりましたこのシリーズ。

ピッチピチ現役DDの英語習得エンターテイメント物語。

いやーエンターテイメントを日々追っかけているわけですが、このシリーズでは僕が主人公。楽しみですねー。

さてみなさん。みなさんの英語力はどの程度でしょうか??

そもそも英語に興味あります??

英語なんて忘れた。英語とか現在進行形で終わった。

オレンジって英語で書けない。日本人なんだから日本語できればおけ。

なんて聞こえてきますが、そんなこと言っているみなさん勿体無いですよ!!

英語の勉強することで得られることはたくさんありますし、始めることで今の自分より生活充実すること間違いなしです!!

このシリーズ読んで英語学習っておもしろいんだ思ってもらえたら超絶嬉しい。

そんなわけで早速行きましょう!

第1章 僕の英語学習履歴 小中学生編

産まれて初めて英語に出会ったのは多分小学校2〜3年の時だったと思います。

まだ僕が小学生の頃はそんなに英語って重要視されてなかったんですよ。

僕の故郷だけかもしれないですけど笑笑

どこで出会ったかというとみんな大好きKUMONです!

算数を小学校上がる前に始めてて、英語やってる友達見て僕もやりたいと思って始めたはず笑笑

僕たちの頃は小学校でほとんど英語習わなかったのでもっぱら英語学習はKUMONでした。

小学校ではI am〜とかやってただけで全部知ってるよーって思ってましたね、多分。

中1の終わりまでKUMONに通っていたのでそこまでは続けました。

ちなみに中1時点での英語力はというと、学校の成績は3〜4くらい。英検5級。そんなもんでした。

中2から英語と数学やっている地元の塾に通いだしました。

中2は学校の成績は4〜5。英検4級。って感じでした。

中3は受験生ということもありちょっとだけテスト期間は真面目になったので成績は5

英検3級取得という感じでした。

中3の時点で3級ってまあよくありますよね。

この試験から面接がありますが、勿論ほとんど何言ってんのかわかりませんでした。テンプレと持ち前のコミュ力(取り敢えず発言する)で合格したって感じです。

英会話は中学英語でおけ!

とか巷でありますけど嘘です。騙されないでね。

 

中学の時は英語話したいなぁとは思っていました。嵐ファンなので翔くんが英語喋ったりライブで英語で盛り上げたりしているのを見て憧れていたのが要因です。

まぁそれでも小学校2年からとしても8年英語に触れてきたはずなのに、ライブで翔くんが言っている英語も聞き取れないっていうのが少年こーぴぃの英語力でした。

第2章 僕の英語学習履歴 高校生編

無事高校も第1志望に合格し期待を胸に超楽しい高校生活が始まったわけですが、英語学習は最悪!!笑笑

中学はテスト前にちょっとやれば90点前後取れていたはずなのに高校では初めての中間テストで60点くらい!量の多さにビビっていましたが、60点でも順位はいい方だったのでたかをくくっていました。それからどんどん落ちぶれて言ったことは言うまでもありません。1年の3学期には定期テスト320人中290番台。

全国模試で偏差値40台だったはず笑笑

それでも他の科目でカバー&模試だと周りも低いので校内ではなぜか真ん中くらいになり危機感0!!

ダンスと遊び、バイトに明け暮れていました。

このダメダメ感は2年の10月くらいまで続きました。2年の夏前くらいから友達の紹介でこれまた学校近くの個人塾に通いだしたので1年ほどダメダメではなかったですがそれでも全国模試で偏差値50をうろちょろしてました。

 

そんなこんなで大転機を迎えます。高2の11月の出来事です。

色々あって部活やめたので勉強でもしようかと思い、まず勉強法の本とかサイトを読み漁りました。そしたらなんと言うことでしょう。僕の勉強法、中学、高校の指導が大きく間違っていることに気づきました。

暗記英語じゃそりゃできないよね。

中学の時に知っていればもっとエリートになれたかもと思ったし、今でも思っています笑笑

語学に勿論暗記は必要ですがそれは丸暗記とは違います。

 

1番始めに衝撃を受けたのは東進の安河内先生の英語勉強法でした。

YouTubeで挨拶兼勉強法伝授動画みたいなのを見て超やる気になったし、英語できるようになるかもとワクワクしました。

英語はピアノのようなもの。

机に座って勉強するな!!英語は音読だ!!

超短く言えばこれだけです。

これでやる気を出したこーぴぃ青年は人生で初めてしっかり勉強するようになったのでした。

まずは単語と超簡単な長文問題を解いてひたすら音読。

革命が起きたも同然です。僕が勉強するなんて。

野球にダンスにカラオケ。休みの日は友達とウェイ。

そんな楽しい人生を送ってきた17年目の奇跡。

果たして激動の18年目(受験生)はどうなるのか。

 

To be continued...